業者から段ボールのサービスを受けることができるとなれば、荷造りを開始しましょう。作業を進めるにあたり、荷造りのコツについて紹介します。大きく分けて、普段使わない物から先に荷造りする、軽い物は大きな段ボールに詰め、重い物は小さな段ボールにつめることの二つになります。

引越しの荷造りでは、まず引越しまで使用しないと考えられる物から進めていきます。普段使用しない物が多い押入れ部分からスタートすると良いでしょう。そのような場所を荷造りしていると、不用品も沢山出てきます。その際には、不用品をまとめてリサイクルやオークションに出すこともできますが、引越し業者の不用品引取サービスを利用するという方法もあります。有料の場合もありますので、事前に確認が必要になりますが、必要だと思うサービスについてはきちんと把握しておきましょう。

引越し荷造りを進めている時も、引越しするまではいつも通りの生活をする必要があります。荷造りをする場所についても、荷物で溢れると困るような場所に置くことは避けましょう。荷造りのコツとして、玄関から遠い場所から始めていくことも、賢い荷造りポイントになりますので、しっかり覚えておいてください。

段ボールサービスを利用
出典元 【東京・埼玉・神奈川・千葉の格安引越し|ファミリー引越センター

引越し業者の段ボールのサービスについて、業者によっては有料サービスの場合がありますので注意が必要です。段ボールや梱包資材の無料サービス、他にも無料で貸出のサービスを利用することで、引越しの総費用が大きく変わってくることがありますので、あなどることはできません。引越し料金の安さだけを見て、業者を決めてしまいがちですが、無料サービスも考慮して、トータルでお得かどうかを判断しなければいけません。段ボール、ガムテープ、梱包材のサービスについて、無料でどれだけもらえるのかをしっかり確認するようにしましょう。また、選択する引越しプランによっても枚数や個数が異なる場合がありますので、見積り段階できちんと説明を聞いておくことをお勧めします。

引越し料金が安いとしても、段ボールや梱包資材で追加費用が発生してしまうと、その業者を選ぶ意味がありません。自身で集めることも可能ですが、実際に集めるとなると、綺麗で頑丈な段ボールを集めるには想像以上に時間と労力が必要になります。その為にも、必要枚数、必要なだけ無料でもらえるサービスの利用がお得です。特に荷物が多い家族での引越しの場合には、できるだけ多い資材のサービスがある業者を選ぶようにしましょう。

進学の為、就職の為、家庭の事情等、引越しの理由は様々ですが、それぞれ新天地を目指して新しい場所へ移動していきます。引越しには沢山の作業や手続きが必要ですが、最も大変な作業は荷造りになります。荷造りは一日二日で終了できる作業ではありませんので、遅くても2週間前には始めておくことがお勧めです。

荷造りには段ボールやガムテープ、梱包材等いろいろな材料が必要になります。引越しともなると数も必要になりますので、購入するとかなりの出費となることもあります。引越し費用だけでも十分高額な出費ですので、できれば無料で調達したいところです。そこでお得なサービスを利用する為に、賢い引越し業者選びをすることをお勧めします。引越し業者によっては、無料で様々なサービスを提供しているところがありますので、できるだけ便利な無料サービスを行っている業者を選ぶことで、賢く安く引越しすることができます。もちろん、段ボール等はスーパーやホームセンターで手に入りますが、比較的丈夫で清潔な段ボールを使って荷造りをしたければ、引越し業者が無料でサービスしている段ボールが最もお勧めです。

ここでは、そのような段ボールのサービスのようなお得なサービスの提供がある業者選びをして、無駄な出費をしないで済む引越しについて紹介していきます。他にも無料で利用できるサービスが沢山ありますので、ぜひいろいろな専門業者のサイトをチェックしてみてください。